幸せ物質セロトニンを生成するL-トリプトファンとは?

コラムカテゴリー:製品について

L-トリプトファンとは

必須アミノ酸としての役割の他、記憶力や集中力に関与し、気持ちが穏やかになる沈静作用や安眠作用があります。

幸せ物質セロトニンの生成

セロトニンが分泌されていると幸福感や満足感、心地よさを感じることが出来ます。

安眠作用

睡眠バランスには、2つの物質が関わっています。
それは、セロトニン(昼間に活動する精神を落ち着かせる物質)とメラトニン(眠気を誘うホルモン)です。

眠気を誘うメラトニンを夜に十分に分泌されることが、心地よい睡眠にはかかせません。
セラトニンは、メラトニンを作る材料になるので、昼間、十分にセロトニンが豊富に生成され、夜メラトニンが作られるというサイクルになります。

メラトニンは、男性より女性が豊富に作られる傾向があり、体格や体調によっても違います。
効きすぎるとセロトニンの出現が遅くなり、結果的にメラトニンが作られる時間が遅くなって目覚めにくくなります。
このことから、摂取するタイミングや量が難しい場合がありますが、一般的には、睡眠の2時間前に飲み、食事の前後2時間は避ける、ということを意識して下さい。

人によっては、朝の時間帯にのみL-トリプトファン→セロトニンに変化する方もいらっしゃいますが、大半は夜の服用が多いです。
効果が実感しづらい場合には、お召し上がり量と時間を変えてみて下さい。

お召し上がり方

1日、600mg~1000mgが目安となりますので、1g程度を摂取して下さい。
グリシン等の他のアミノ酸と摂取のタイミングを1時間以上ずらして、お召し上がり下さい。

注意点

1日、1g以上お召し上がりにならないで下さい。
実感する期間は人にって違いますので、まずは1ヵ月お試し下さい。

店長コラム