カロリーゼロの天然甘味料、エリスリトール!

コラムカテゴリー:製品について

エリスリトールとは?

糖アルコールに分類される甘味料で、果実やキノコの他、ワイン・清酒・醤油・味噌などの発酵食品に含まれている糖質(甘味料)です。

ぶどう糖を原料として酵母を用いた発酵により作られます。

厚生労働省のエネルギ-評価法によりエネルギ-値が0kcal/gと認められている、唯一の糖質(甘味料)です。

エリスリトールはさわやかな甘味。

甘みは、砂糖の約75%です。
すっきりした後味が特長で、清涼飲料、お菓子、卓上甘味料などに幅広くお使いいただけます。
エリスリトールは溶解時の吸熱作用が高いため、口に入れた時、ひんやりとしたさわやかな冷涼感が口中に広がります。

菓子製造では、キャンディー、錠菓、チョコレート、チューインガム等に使用すると、さわやかな冷涼感を持った製品ができます。

エリスリトールは虫歯にならない!

虫歯の原因は、歯垢中の虫歯菌が、砂糖等から酸を作り出すためだと考えられています。

エリスリトールは、この酸を作らないことが確認されています。

虫歯菌が歯を溶かす酸を作り出すには、酸の原料になるものが必要です。


ショ糖は、虫歯菌にとって大変優れた栄養源であり、これをエネルギー源として旺盛に増殖すると共に、多量の酸を作り出すと考えられます。

虫歯菌はエリスリトールを代謝できないので、酸を作ることができません。

エリスリトールは糖尿病の方にも安心です。

エリスリトールは、糖アルコールの中で例外的に体内に9割以上吸収されますが、全く代謝されずにそのまま尿中に排泄されます。


ですから厚生労働省お墨付きのカロリーゼロで、かつ血糖値を上昇させません。
血糖値を上昇させないので、糖尿病患者の方にも安心してお使いいただける天然甘味料です。

エリスリトールの使用上の注意

エリスリトールは他の糖アルコールと同様に、大量に摂取すると体調や体質により緩下作用(下痢)を起こすことがありますが、これは一過性なので心配ありません。

一度に摂取した時の緩下作用を起こさない単位体重あたりの量(最大無作用量)は、日本での研究によると、成人男性で0.66g/kg体重、成人女性で0.80g/kg体重と報告されています(Nutrition Research, Vol.16, No.4, 1996)。

エリスリトールは糖アルコールの中では、最も緩下作用をおこしにくいと考えられます。

成人男性の体重を60kg、成人女性の体重を50kgとして考えると、成人における摂取限度量は約40gと考えられます。

分割摂取による1日当たりの最大無作用量はこれよりも大きいと考えられますが、信頼できるデータがありませんので、成人に対しては40gを1日あたりの摂取限度量としてお試し下さい。

店長コラム